白髪染めの際に知っておきたい、カラートリートメントのデメリット

白髪を染める時に使うカラートリートメントにもデメリットはあります。

・カラートリートメントのデメリット

カラートリートメントはヘアケアをしながら白髪染めができる便利なアイテムです。

市販カラー剤のようにジアミンなどは使用していないので、アレルギーのリスクは軽減できますが、仕組みはヘアマニュキュアと同じように髪をコーティングして色付けするだけなので、色落ちが早いです。

刺激臭がするような成分は使用していませんが、種類によっては素手で使うと爪や肌に色がついてしまい、なかなか落ちない事があります。

・おすすめの使い方

カラートリートメントで白髪を染める時におすすめの使い方を紹介します。

通常はトリートメントとしてシャンプー後に使います。

この時放置時間を長くする事で、しっかりと色がつくので、特に初回は表示されている放置時間よりも少し長めに置くと色がしっかり付きます。

初回はどうしても色がつきにくいので、表示時間通りにしても、白髪の部分だけキラキラと浮いてしまう事があります。

メーカーにより色付き具合は異なりますが、毎日使えば仕上がりはカラーリングの白髪染めとほとんど変わりません。

・まとめ

カラートリートメントはトリートメントしながら白髪を染める事ができます。

ただし一般的なトリートメントよりも少し価格が高めです。

毎日使う場合はコスパが悪くなってしまうのがデメリットです。

こういう場合は白髪が気になるときだけ使うなど、頻度は調整できます。

Comments are closed.